タイプ別対処法!ラウンジのお客様との付き合い方

接客について考える女性ラウンジを含め、“夜のお店”で働くナイトワークは基本的に接客業。さまざまなお客様と接することになります。プライベートでは会わないタイプの男性も多いでしょう。

「こんな男性、初めて!どうやって向き合えばいいの?」と悩んでしまうこともあるかもしれません。

そこで、今回はラウンジにやってくるお客様の中でも、特に初めてナイトワークにチャレンジする際に対処に困ってしまいがちな方々の対処法をタイプ別にまとめてみました。

“褒めとけば間違いない!”というタイプ

ナイトワークの接客術、その基本は「お客様を褒める」ということにありますが、ここでは特に「褒める」というテクニックが効くタイプのお客様についてまとめています。

ナルシストなお客様

ナルシストなお客様「俺はかっこいい」「俺はオシャレ」「こういう人脈がある」「こんなスゴイ仕事をしてきた」などなど、ナルシシズム全開の主張をラウンジの席でしてくる、そんなお客様がいます。

このようなお客様は、とにかくフルに「褒める」ということに徹していればOKです。

彼らは自分のことを喋るのが快感なので、極論ですが「すごいです!」「さすがですね!」という合いの手をはさむだけで会話が成り立ちます。

“俺わかってるから”系のお客様

わかってるから系のお客様「こういう店での遊び方を俺は知っている」

「こういうこと言われると迷惑だろ?だから俺は言わない」

と、夜の世界に慣れているような雰囲気、言動で接してくるお客様がいます。

自分が良い人間で、優しい人間であることを認めてもらいたがっている、だから女の子ともっと仲良くなりたいと考えている、そんなお客様です。

このようなお客様には、まさしく彼らが求めていることを口にしてあげれば喜ばれます。

「○○さんは理解があるので安心できます」「素の自分になれちゃいます」

このようなセリフで持ち上げてあげるといいでしょう。

ちょっと面倒なタイプ

ここでは、何も対処法を知らずに接客するのはちょっとだけ面倒なタイプのお客様についてまとめています。

ケチなお客様

ケチなお客様「できればお金を使わずに楽しく過ごしたい」

そんなタイプのお客様がいます。お店に来てもお酒をあまり頼まず、そもそもあまり来店せず、メールだけは頻繁にしてくる。そのようなタイプのお客様です。

このようなお客様には、一度やんわりたしなめるメールを送ってみるといいでしょう。

もちろんあまりにあからさまに言うわけにはいきませんが、丁寧な言葉で「私はお仕事で接客をしている」ということ、「できればお店に来てお喋りをして欲しい」ということを伝えます。

「たまにでいいから来てほしいな♪」というテイストで送ると効果的です。

“こじらせ系”のお客様

こじらせたお客様特に人間関係に悩みがちな若い男性に多いのですが、「どうせ営業だろ。僕じゃなくてもいいんだろ」「夜のお店の女性は信用できない」というスタンスでお店に来るお客様がいます。

会社の上司に連れられてやってくる若手サラリーマンなどで、このようなタイプの方に会うことがあるでしょう。

正攻法ではいけないのでちょっとばかり面倒ですが、この場合の対処法も、もちろんあります。

それは、お客様の思い込みを逆手にとって「清純派の女の子」を演じること。

このような男性は、いったん「あれ?もしかしてこの子、本当は……」と思わせると気持ちが180度変わることがあります。

明るく受け流すような態度をとると「やっぱりオシゴトなんだ。だから信用できないんだ!」などと余計にこじらせてしまうので、ちょっぴり困ったふりをしてみたり、沈んだポーズを取ってみたりしてみるといいでしょう。

「そういうのよくわからないんです。ただお喋りしたいだけなんですけど……ダメですか?」

このセリフはちょっとだけ「やり過ぎ」な気がしないでもありませんが、ストレートに「私、清純派ですアピール」をするにはいいかもしれません。

タイプ別対処でストレスない接客

いかがでしょうか。日々、ラウンジにはたくさんのお客様が足を運びます。

MYLOUNGEで求人をご紹介している恵比寿や六本木の高級ラウンジは、基本的には「遊びのわかる紳士」が利用するお店なので数は少ないと思いますが、やはり今回取り上げたようなタイプのお客様がまったく来ないわけではないと思います。

ぜひ、ストレスなく働けるよう今回の記事を参考にしてみてください!

オススメの店舗