男性の心をつかむ会話術とは?

男心をつかみたい女性

ラウンジのお仕事をするうえで常に意識しておきたいのが、「男性を喜ばせる会話術」です。

お客様が主役であるラウンジでは、いかにお客様を満足させるか、喜ばせるかを考える必要があります。

お客様の心が満たされるほどに会話は盛り上がり、お酒もすすむでしょう。居心地良く感じてもらえれば、今後も来店してくれる可能性が高まります。

とはいえ、ラウンジを訪れるお客様は十人十色。どんな会話を求めているのかはお客様によって違います。

お客様ごとに喜ぶポイントを見極めるのは、そう簡単ではないでしょう。

様々なタイプの男性

しかし、どんな男性にも共通して喜んでもらえる言葉やテクニックがあります。それらを使った会話を意識すれば、お客様はみなさんと過ごす時間をより快適に感じてくれるでしょう。

そこで、ここでは男性を喜ばせる会話のポイントや簡単な例をご紹介していきたいと思います。

肯定的な返事を心がけよう

ワンポイント

人によって物の考え方や価値観は違います。ラウンジを訪れるお客様も、それぞれ違った考え方を持っています。 もちろん、みなさんと異なる考え方を持っているお客様はたくさんいるでしょう。

だからといって、お客様の意見に真っ向から対立してしまうのはオススメしません。

たとえば、「やっぱり○○といえば△△だよね」と言われたとき、「いえ、それは▲▲だと思います」と違う意見をはっきり主張すると気まずい雰囲気が流れてしまいます。

この場合、お客様の意見を肯定したうえで、自分の意見を質問形式でやんわり投げかけてみるのがオススメです。

「そうですね!私は▲▲かなぁとも思うんですけど、どうですか?」

賛成

まずは意見に共感することでお客様の気持ちを満足させ、質問することで会話をさらに広げることができる会話テクニックです。

もちろん、お客様と意見や考え方が一致した場合は「ですよね!」「私もそう思います!」といった返事をどんどんしていきましょう。

ただし、何に対しても賛同しすぎると、お客様は逆に会話を適当に流されているかのような気分になってしまうので、注意する必要があります。

“特別な存在”だと意識させよう

ほめる女性

「私にとってアナタは特別な存在」と思わせるような会話も、男性を喜ばせるために効果的です。

たとえば、「○○さんはいろんなことを知っていてすごいですね!」のように、会話の中にお客様の名前を入れることで、特別感を出すことができます。

好きな女の子の特別な存在になることを嫌がる男性はめったにいません。むしろ、その女の子を独占しているかのような優越感に浸ることでしょう。

一方、お客様の名前を用いずにさりげなく特別感を出すこともできます。

たとえば、「一緒に」という言葉。

「一緒にいると楽しい」「一緒に行きたい」というように、恋愛の駆け引きをする際、気になる異性にアピールするための言葉として使ったことがある方もいるのではないでしょうか。

ラウンジのお仕事でお客様と会話をするときにも効果的で、この一言で気が合う彼女のような特別な存在だと意識してもらえます。

細かい部分まで見てくれていると嬉しい

お洒落な紳士

そのほか、「かっこいい」「オシャレ」「ステキ」など、外見や服装を褒める言葉もお客様を喜ばせるのに効果的です。 特に「ネクタイを緩める」「腕まくりをする」といった男性ならではのしぐさに対して「今の、男らしくてかっこいいですね」と褒めるのが効果的です。

外見や服装は多くの人から注目される部分ですが、何気ないしぐさを褒められると男性は「そんな細かい部分まで見てくれているのか」と嬉しくなります。

以上、男性を喜ばせる言葉や会話のテクニックをまとめてみました。

今回ご紹介した内容を意識しながら会話をすれば、お客様の満足度やみなさんへの好感度を上げることができます。 好意を持ってもらえればラウンジに長く通ってもらえる可能性が格段に高まり、お店の売上やみなさんのお給料アップにつながります。

入店したばかりでまだ会話のコツがつかめていない方も簡単に実践できるものばかりなので、ぜひ試してみてください。

オススメの店舗