お客様の心をわし掴み!ラウンジ嬢にオススメ“モテ仕草”

上目遣いの女性

「腕まくりをする」「さりげなく車道側を歩いてくれる」など、男性の何気ない仕草にキュンとしたり、ときめいたりといった経験はないでしょうか。

実は男性も女性の「服の裾や袖を掴む」「髪をかきあげる」「上目遣いで見つめる」といった仕草に惹かれることがあります。これを利用すれば、意図的に仕草を見せて好きな相手の心を掴むことができます。

特定の仕草をして異性の気を引くテクニックは、ラウンジでお仕事をしている女の子にも使えるものです。

お客様の心を掴み、「これからも会いに来たい!」と思ってもらうために役立ちます。

では具体的に、ラウンジで好まれる仕草にはどういったものがあるのでしょうか。

ここでは、ラウンジ嬢にオススメしたい“モテ仕草”をご紹介したいと思います。

ボディタッチをして相手に意識させよう

bodytach

「ボディタッチ」は男性をドキドキさせる仕草の定番です。

女の子は何気ないスキンシップのつもりでも、男性は「好意を持ってくれているのかな」とドキドキしてしまいます。そうなることをわかったうえで、好きな男性にわざとボディタッチをしてアピールする女の子もいるのではないでしょうか。

ボディタッチはラウンジでお客様の心を掴むのにも非常に効果的です。

「寄り添うように話を聞きながらお客様の膝上に手を置く」「じゃれている流れでお客様の肩に手を添える」「お客様の体や筋肉を褒める流れでその部位を触る」など、自然にボディタッチができるシチュエーションはたくさんあります。

ボディタッチによって少しでもこちらに意識を向けることができれば、お客様のなかでみなさんに対する気持ちはどんどん膨らんでいくはずです。

髪を耳にかける仕草でセクシーさをアピール

髪を耳にかける

「髪を耳にかける」というのは、女性からすると何気ない仕草です。しかし、この仕草に弱い男性は非常に多く、これだけでときめいてしまうことがあるようです。

ふだんは髪で隠れている耳や首元が見えることで、予期せぬ露出によって男性は胸を高鳴らせます。また、この仕草そのものが女の子らしくて好きだという男性もいます。

ふだん髪を束ねている方も、一度髪をおろして実践してみる価値はあります。髪をおろすことでお客様にふだんと違う印象を与えることができるので、相乗効果でいっそう魅力を感じてもらいやすくなるでしょう。

別れ際の仕草を意識することも大切

モテ仕草

お店で接客をしているときだけではなく、お客様がお帰りになるときにも実践できる“モテ仕草”があります。

もっともシンプルかつ効果的な仕草が、「笑顔でお見送りをする」「別れ際に『楽しかった』『ありがとう』と声をかける」ことです。

お客様との時間が楽しかったことを表情や言葉で伝えることで、お客様も「今日この子と過ごせてよかった」「この子とまた楽しくお話をしたい」と思ってくれる可能性が高まります。

一方、「お別れするのが寂しい」という雰囲気を出すのもオススメです。

別れ際にしょんぼりした表情を見せれば、後ろ髪を引かれる思いからお客様がまた会いに来てくれやすくなります。お客様にお礼のメールをするとき、「もっとお話したかったけど…」といった文章を入れて名残惜しそうな雰囲気を出せばさらに効果的です。

以上、男性の心を掴む“モテ仕草”をいくつかご紹介しました。

ただし、どの仕草も「さりげなく自然な流れ」で行うことが大切です。不自然さが出てしまうと「演技しているな」「計算高い子だな」と思われて、お客様にマイナスのイメージを与える可能性があるので注意が必要です。ここぞというタイミングを見計らいながら、うまく試してみてください。

オススメの店舗