ただの仮名じゃない?売れる源氏名の決め方をご紹介!

ラウンジガール

「源氏名」とはナイトワークをしている多くの人が使用する、お仕事上での名前のことです。

ラウンジのお仕事をする際も最初に源氏名を決めることがほとんどです。本名のままでお仕事をすると身元がバレる可能性がありますが、源氏名を使用すればその心配はありません。

また、プライベートと気持ちの切り替えがしやすいというのもポイントです。

そんな源氏名はみなさんの売上アップにも影響します。

個性的な源氏名をつけることで、お客様からの注目を浴びやすくなる、覚えてもらいやすくなるといったメリットがあります。永久指名制を採用しているラウンジでは、最初に指名してもらえるかどうかが重要です。お客様からの注目を集めるためにヘアスタイルやドレスといった外見ばかりを意識してしまいがちですが、源氏名の命名もおろそかにしてはいけません。

そこで、今回は売れるための源氏名の決め方をご紹介したいと思います。

自分で源氏名を決めるお店が多いので、この記事で紹介するポイントを参考にして人気が出そうな名前を考えてみてください。

個性的で親しみやすい源氏名を考えよう

名前辞典

源氏名次第でお客様に与える印象は変化します。多くのお客様から注目を集めるためには個性的な名前にするのが効果的です。しかし、だからといって個性的すぎる源氏名にすると逆効果になる場合があります。

たとえば、あまりにもわかりにくい当て字を使った名前は控えるべきです。個性的という意味ではお客様に印象付けることができますが、「読みにくい」「覚えにくい」といった理由で親しんでもらえない可能性があります。読み方がわかりやすく、呼びやすい名前の方がお客様からの好感度は上がるでしょう。

ただし、同じお店に在籍しているほかの女の子と類似した源氏名にならないように注意が必要です。

親しみやすい源氏名を意識しすぎると、ほかの子と似た名前になってしまうことがあります。これは「お客様が名前を呼び間違える」「スタッフが電話で名前を聞き間違える」といった原因になりかねません。

日常会話のなかで名前を勘違いするくらいであれば笑い話で済まされるかもしれませんが、ラウンジではトラブルのもとです。余計なトラブルを招かないために、ほかの女の子の源氏名をしっかりチェックしたうえで考えることをオススメします。

「あ」行の名前は目に入りやすい

ひらがなのブロック

お客様がみなさんの名前を目にするのは何もお店のなかだけではありません。自宅や外出先であっても、携帯電話に登録されたみなさんの名前を見る機会があります。

SNSやアドレス帳に登録されている連絡先は、ほとんどが五十音順で並んでいます。「あ」行から始まる源氏名をつけておけばお客様が連絡先の一覧を開いた際に目に入りやすくなるので、ほかの女の子よりもお客様の記憶に残りやすくなります。

みなさんのことを思い出すきっかけになりやすいというメリットもあるので、久しくラウンジを訪れていなかったお客様がまた足を運んでくれることにも期待できるでしょう。

一方、どうしても「あ」行以外から始まる名前を源氏名にしたい場合は、「愛川」や「愛内」などの「愛」を使った苗字をつけるのがオススメです。こだわりがある名前にしたうえで「あ」行から始まる源氏名をつけられるほか、お客様に女の子らしさをアピールすることもできます。

以上、源氏名を決める際のポイントをご紹介しました。

このほかにも、「自分のイメージに合った源氏名にすると、顔と名前をセットで覚えてもらいやすい」「二文字の名前は気軽に呼びやすく、親近感を持ってもらいやすい」といった傾向があります。

今回紹介したポイントを踏まえたうえで、お客様に意識してもらいやすい源氏名をつけて売上アップを狙ってみてください。

オススメの店舗