ラウンジレディの1日の流れ

ムーディーなラウンジの店内ここでは、ラウンジでお仕事をすることになったときの「1日の流れ」をテーマにお届けします。
特に、初めて“夜の街”に出てナイトワークにチャレンジするという女性の場合、「出勤から退勤までどんな流れでお仕事をすることになるのか、右も左もわからなくて不安」ということになるケースが多いと思います。
ぜひここでチェックしてみてください。

お仕事の30分前に出勤

出勤前の女の子MYLOUNGEで求人をご紹介しているラウンジは、たとえば「18:00~深夜0:00」という営業時間でお店を開けているのが一般的です。
また、ラウンジでのお仕事は、基本的には自由に出勤日、出勤時間を決められる「自由出勤制」というシステムになっています。大学や専門学校に通いながら、あるいはお昼にOLさんとしてお仕事をしながら掛け持ちでアルバイトをすることもできます。
自分の生活スタイルに合わせて無理なく出勤できるのが、ラウンジのお仕事の大きなメリットです。
お店によっては夕方からお店を開けていることもあります。ぜひ面談の際にご相談ください。

そんなラウンジですが、さまざまな準備があることも考えてお仕事が始まる30分前に出勤するのが一般的。たとえば「20:00に出勤」としている場合は、19:30にはお店に着いてドレスに着替えたりメイクをしたりといった準備を行います。

ちなみに、ラウンジでお仕事をする場合、服装はお店によってまちまちです。
私服でOKというところもあれば、ドレスを貸し出してくれるところ、またお店が独自にコンセプトに合わせたコスチュームを用意している場合もあります。
「私服でOK」といっても、もちろんTシャツにパンツなどは基本NGです。ワンピースやスカートなどを基本に服装を決めていきましょう。

担当のお客様の席でお仕事

接客ラウンジ、特にMYLOUNGEで求人をご紹介しているような高級店では、女の子ひとりひとりが担当するお客様が決まっているのが一般的です。
開店後は担当するお客様の席について一緒にお酒を飲み、楽しく過ごします。

とはいえ、担当するお客様がお店にやって来る日と出勤日が完璧に重なることはないでしょうし、またお仕事を始めたばかりの頃は担当するお客様も決まっていないという感じだと思います。
そのようなときは、「ヘルプ」としてほかのお客様の席についてお仕事をすることになります。
初めてお店を訪れたお客様だった場合は担当になるチャンス。
また、すでにほかの女の子が担当でついている場合も、気に入られれば「今度友達を連れてくるよ」ということで、これまた担当を見つけるチャンスです。
「ヘルプ」というと何となく適当にやってもいいような感じがするかもしれませんが、しっかりお仕事をすることが大切です。

その日のお給料をもらって退勤

給料貰って喜ぶ女性楽しくお仕事の時間を過ごしたあと、退勤の時間がやってきます。
上にも書いたようにラウンジは深夜0時にお店を閉めますが、最終電車が早い場合はあらかじめお店に伝えておくことで「終電上がり」が可能です。
お店によっては「送り」がある場合もあります。遠方に住んでいる場合はドライバーさんが車で送ってくれるので、焦らず帰宅の準備をして帰ることができます。

また、ラウンジの多くはお給料が「全額日払いOK」となっています。時給や指名料をまとめて現金で受け取ることができます。
その日に働いた分のお金を、その日のうちにしっかり自分の手にすることができる、これはラウンジに限らずナイトワークの大きなポイント。急に何かまとまった額のお金が必要になったときも安心ですし、やりがいをもってお仕事をすることができるでしょう。

いかがでしょうか。

・準備のために30分前出勤
・退勤時は『終電上がり』や『送り』があるので安心
・全額日払いでお給料をもらうことができる

ラウンジのお仕事にはこのようなポイントがあります。
これからお仕事を始めようかと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

オススメの店舗