ラウンジの面接で気をつけるべきポイントは?

ラウンジをはじめとするナイトワークのお仕事は、何といっても高収入を稼げる点が魅力的。短期間でまとまった収入を得られるので、興味がある女の子も多いのではないでしょうか。
しかし、ラウンジのお仕事を始めるためにはほかのアルバイト同様、面接を受ける必要があります。
何も考えずに臨んでしまうと残念な結果に終わってしまうことも……。

そこで、ここではラウンジの面接を受けるにあたって、「面接に行く前」と「面接中」のそれぞれで「気をつけるべきポイント」を紹介していきたいと思います。

「女の子らしさ」と「清潔感」が伝わる身だしなみを意識!

面接の服装ナイトワークの求人に応募するのが初めての女の子だと、こんな疑問を感じるのではないでしょうか。
「どんな服装で行けばいいんだろう?」と。

ラウンジの面接を受けるうえで特に意識しておきたいのが、「女の子らしさ」と「清潔感」です。
アルバイトの面接であれば、そこまでかしこまった服装で行く必要はありません。私服でかまわない、という求人がほとんどでしょう。ラウンジの面接も同じで、無理に背伸びした格好をしなくても大丈夫です。
ただし、ラフすぎる格好は面接官に悪い印象を与えかねないので注意しましょう。
お客様は女の子と楽しく会話をするためにラウンジへ訪れます。ラフすぎる格好で面接を受けてしまうと、「店の品位を傷つけるかもしれない」と面接官に悪い印象を与えてしまうおそれがあります。
面接では女の子らしさを引き立たせる服装が良く、スカートやワンピースを選択するのが無難です。
また、どんな靴を履くかも大切です。スニーカーのような底が平らなの靴は避け、ふだんよりも少しヒールが高めの靴を履いていくのがオススメです。大人っぽさが出るだけでなく、スタイルも良く見せてくれるので、面接官に好印象を与えやすくなります。

言われた持ち物と時間は絶対厳守!

面接の約束ラウンジの面接には、18歳以上であることを証明するために「身分証明書」が必要です。
ここでいう身分証明書とは、「自動車運転免許証」「原付運転免許証」「マイナンバーカード」「パスポート」「写真付き住基カード」「本籍地記載の住民票」のどれかです。
ちなみに、大学や専門学校の「学生証」と「健康保険証」はセットで持っていくと身分証明書として扱ってもらえることもありますが、店舗によっては認めてもらえない可能性があるので極力避けることをオススメします。
また、面接への遅刻も厳禁なので、余裕を持って早めに行動しましょう。もしどうしても遅れてしまう場合は、なるべく早い段階でその旨を店舗に連絡するようにしてください。

明るく誠実な振る舞いが合格のカギ

面接のポイント面接中に気をつけるべきポイントですが、最も注意しておきたいのがマナーや立ち居振る舞いです。
「お客様に失礼するかもしれない」とマイナスな印象を与えてしまう原因になりかねないので、最低限のマナーは身につけておきましょう。
加えて、自然な笑顔を見せることも重要です。面接官の質問に対して笑顔で明るく応対することで、「接客を任せても大丈夫だ」と思ってもらえます。

また、面接では経歴やアピールポイント、志望動機などさまざまな質問をされますが、必ず正直に答えるようにしましょう。
なかには「こう答えたらマイナスな印象を与えてしまうのではないか?」と思うようなケースがあると思います。
たとえば、志望動機を聞かれた際に「お金を稼ぎたかったから」と答えることに抵抗を感じ、違う理由を口にしてしまう人がいます。しかし、そういった配慮は必要ありません。本音を言うことで、むしろ正直だという良い印象を与えられるのです。

以上のように、「女の子らしい身だしなみ」「最低限のマナー」「誠実さ」は、面接を通過するうえで重要なポイントです。
ぜひこれらのポイントを踏まえたうえで、面接に挑戦してみてください!

オススメの店舗